開放感のあるテラス

ウッドデッキを造るなら腐食に強い人工木材がお勧めです

観葉植物

家の庭にウッドデッキがあると、暮らしの機能性や豊かさが格段にアップします。庭より一段高くなったウッドデッキで、家族や友人達と庭を眺めながらお茶をして寛いだり、また、趣味のトールペイントに興じたりと、作業のスペースとしても活用出来ます。さらに、ウッドデッキに柱を数本立てて、藤などの蔓系の植物を絡めれば、花のシーズンには家自体のドレスアップになり、また周囲からの目隠しとしても好都合です。しかし、ウッドデッキには大きな欠点があることを、設置する前にはきちんと理解しておかないと、後で大変後悔することにもなり兼ねません。その欠点とは、ウッドデッキ自体が雨曝しの構造物だということです。安価というだけで材料を選び、簡易に設置してしまうと、早ければ2、3年で腐食が進み、ぼろぼろになってしまいます。こうなると家のドレスアップどころか、逆に折角の自慢の家が見すぼらしく見えてしまいます。そのようなことにならないためにも、ウッドデッキを設置する際には、ウッドデッキのノウハウを知り尽くした専門業者へ依頼することをお勧めします。また近年では、天然木材よりも耐久性に勝れ腐食に強い人工木材が普及し、ウッドデッキにはこの人工木材が広く使われています。ウッドデッキを長く綺麗に使うためにも、人工木材の使用がお勧めです。

オススメコンテンツ