開放感のあるテラス

高温多湿で日当たりの悪い場所には人工木材のウッドデッキが合う

赤い木材

ウッドデッキを設置する場所は、日当たりが良く、風通しの良い場所とは限りません。雨によりぬかるみやすい地面に対しての足場として設置されることもあります。庭先だけでなく、森林の中にも設置されることもあり、高温多湿かつ日当たりや風通しも良くないということもあります。そんな場所に合うのが人工木材のウッドデッキです。
人工木材は木材の廃材を粉砕したチップと粉をプラスチック樹脂で圧縮成形したものです。そのため、木材の特徴だけでなくプラスチック樹脂の特徴もあり、水分に強く、虫にも食い荒らされないというメリットがあります。そのため、設置環境が良くない場合でも、人工木材なら天然木材のように直ぐに朽ちることがありません。また、設置済みのウッドデッキを部分的に人工木材へ交換することが可能です。人工木材のウッドデッキを扱う専門業者へ依頼すれば、既存のウッドデッキのフレームを活用しつつ、耐久性を向上させることができます。さらに人工木材はカビにも強く、カビの生えたウッドデッキなどはサンドペーパーでメンテナンスしても除去しきれません。しかし、人工木材の場合、内部にカビが浸透することも少なく、定期的に高圧洗浄機で除去するだけで済みます。日当たりの悪い場所に設置したウッドデッキが直ぐに朽ちて困っているなら、人工木材に交換してしまいましょう。割高ではあるものの、ランニングコストで回収も可能です。

オススメコンテンツ