開放感のあるテラス

人工木材なら軽量かつ高強度だから屋上にウッドデッキも実現可能

資材と工具

自宅の屋上にウッドデッキを設置したいと検討しているなら、専門業者へ依頼して人工木材のウッドデッキを設置してもらいましょう。天然木材の場合、重さがあるだけでなく、耐久性などの問題もあります。毎日、直射日光や風雨に曝されるウッドデッキが劣化し、危険性な状態になり易い問題もあります。ですが、人工木材ならそれらを解決できます。
人工木材は、廃木材とプラスチック樹脂の複合リサイクル材となるため、水に強く、耐候性も高くなっています。そのため、風雨に曝されても短期間で腐るという心配がありません。しかし、プラスチック樹脂の使用で心配なのが質量になるものの、人工木材は中空パイプ構造のもの、中にアルミニウム合金のパイプを芯材として軽量タイプもあります。内部に芯材のある人工木材なら高耐久性となるため、屋上に設置するのにも向いています。また、既に設置済みのウッドデッキを部分的に人工木材に交換することも可能です。定期的に新品に交換していたウッドデッキのパーツにおける交換頻度も少なくなるため、設置後のランニングコストも削減できます。そのほかにも、コンクリート打ちっぱなしの屋上に設置することで遮熱性を確保することもでき、屋上の有効活用と夏場の温度上昇軽減の効果も期待できます。

オススメコンテンツ