結婚や昇進のお祝いに贈り物を渡して自分の気持ちを伝えよう

結婚や昇進のお祝いに贈り物を渡して自分の気持ちを伝えよう

贈り物のスタイルの変化について!ギフト券の渡し方

プレゼントを手に持つビジネスマン

今回は贈り物の中でも、従来は渡し方が難しかったギフト券について説明します。ギフト券というと、少しそっけない印象を持つ方もいるかもしれません。しかしながら、最近では貰い手側の気持ちを考えた贈り物の形として注目を集めています。生活様式も変化している中、ギフト券を贈り物として選んでみてはいかがでしょうか?具体的なギフト券を渡すケースについて説明します。
第一に、引っ越しを控えている人に渡すケースです。例えば、結婚や昇進などで引っ越しすることがあらかじめ分かっている相手に、お祝いとして贈り物を渡すことは少なくないでしょう。このようなケースの場合、荷物が多くなってしまう大きな物や運搬が難しい陶器は、かえって迷惑かもしれません。このようなケースでは、贈り物としてギフト券を渡すのが好ましいと考えられます。
続いて、ミニマリストや合理的な考え方をする人に渡すケースです。実用性のないものをもらっても、迷惑だと感じる方もおられます。そういった方には、ギフト券を贈り物として渡すことが良いと思われます。ギフト券であれば、自由度が高いので貰い手が欲しいものを自由に購入することができます。その際には、その方に因んだもの、例えばお酒が好きな方であればビール券、旅行が好きな方には旅行券などをプレゼントするといいでしょう。

赤ちゃんが産まれたらどんな贈り物をすれば喜ばれるか

知り合いや兄弟などの出産があった時は、贈り物をわたすと喜ばれます。それは赤ちゃんの成長は早く、しかもいくらあっても足りないといわれるものが沢山あるからです。例えば紙おむつですが、1日に何度も取り替えるためにすぐに無くなってしまいます。必ず使うものですがどんなメーカーが好みなのか、どの時期に使うオムツが欲しいのか相手にリサーチしておくと無駄にならず感謝されます。
ベビー服も成長の早い赤ちゃんに合わせて買い替えていかないといけないものです。兄弟がいるならお下がりで代用する方法もありますが、初子の場合は準備しておかないといけません。贈り物として渡す場合は、半年後ぐらいのサイズと季節感のある服を渡せばその頃に着てもらう事ができます。オーガニック製品ならアレルギーの心配も少なく、安心して使ってもらえます。
本当に欲しいものを選んで欲しいというなら、カタログギフトを渡す方法もあります。設定金額までならカタログのものがなんでも買えるので、贈られる方は自分達の欲しいものがもらえます。手持ちのものと被らないように選べるのは、カタログギフトの長所です。贈り物でおもちゃや食器や電化製品のようなものは相手が持っているかいないか確認してから贈るのがベストです。

母の日の贈り物に迷ったらカーネーションを

毎年、春になると近づいてくるのが母の日です。母の日は、自分を産んでくれた母に感謝をするための日であり、多くの人が年に1度のこの日に母へプレゼントを送っています。毎年送っている人もいますが、中には照れ臭くて贈り物をしたことがないと言う方もいるかもしれません。もし、今年の母の日は贈り物を送ろうと思ったのであれば、どんな贈り物にすれば良いのかを考えてみましょう。ここでは、母の日に定番の贈り物について紹介します。
母の日の贈り物として、定番なのがカーネーションです。カーネーションには様々な色がありますが、母の日の贈り物として定番なのが赤色です。赤色のカーネーションの花言葉は「母の愛」や「愛を信じる」になっています。まさに、母への贈り物としてぴったりな花ではないでしょうか。ただ、母の日の贈り物はこれでなければいけないと言うルールは無いので、赤色ではなくピンクやオレンジのカーネーションでも全く問題ありません。
母の日に贈り物をする上で大切な事は、母のことを考えて、母が喜ぶようなものをプレゼントするということです。母が喜んでくれるものであれば、定番のカーネーションでなくても、どんなものでもいいのです。お酒が好きであればプレミアムビールを贈ったり、お菓子が好きであれば焼き菓子ギフトを贈ったりするのもおすすめです。ぜひ、母に喜んでもらえる贈り物を考えてみてください。